AGA専門医が勧めるM字ハゲの治療のための薬として注目されているフィナステリド錠をここで紹介します。

 

額の両サイドから薄毛になってしまうM字はげの治療薬として注目されているのが「フィナステリド錠」です。M字はげは「AGA(男性型脱毛症)」の一つで、AGA専門医が勧める治療薬がフィナステリド錠になります。

 

AGAになってしまうのは、テストステロンという男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって、脱毛の原因になる「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されてしまうからです。フィナステリド錠がM字はげの治療薬として有名なのは、5αリダクターゼを抑制してくれるからです。

5αリダクターゼを抑制出来れば、男性ホルモンがDHTに変換される事はないので、M字はげを治療出来るのです。ただし、このフィナステリド錠は副作用があり、妊娠している女性が使用したら生まれてくる子供に障害が出る可能性があります。M字はげは男性だけでなく女性でも発症する可能性があるので、薄毛に悩んでいる女性は、妊娠している時は気を付けて下さい。

 

m字はげ 治療

 

薄毛の代名詞と言えばAGAという人も少なくないと思いますが、AGAは男性型の進行形の薄毛の症状を言い、中年男性以降に見られる薄毛の症状の大半はこのAGAによって引き起こされていると言われています。AGAが起こる原因とされているのは男性ホルモンの働きによるものですが、男性ホルモンの働きによって血液の流れが悪くなってしまって、頭髪が生成するための栄養分が頭皮に送り届けられなくなると言われています。

 

AGA対策用の育毛剤はドラッグストアにもネット通販にもたくさん販売されていますが、血液の流れを改善する働きがある成分が多く配合されているのはAGAの発症起因が血液の流れと大きく関係していることが理由になっています。AGA対策用の育毛剤を購入する場合は血液に対しての作用があることから副作用のリスクについてもきちんと考えて対策をしなければなりませんが、どのような副作用が起こるのかということは配合されている成分によっても把握することができます。

 

また、AGAは男性特有の薄毛の症状というイメージがすっかり定着していますが、実際には女性の中にもAGAに悩みを持っている女性はいると言われており、AGA対策をするために女性のAGA対策育毛剤を購入して使用している人もいます。どのような原因でAGAになるのかという点については女性にも男性ホルモンが分泌されているので、髪の毛の正常化効果をもたらすと言われている女性ホルモンの働きが弱く、男性ホルモンの働きが強いと症状が出てくることもあります。

 

育毛剤を購入する場合にAGA対策用の育毛剤を女性が購入する場合の注意点としては男性ホルモンに対しての働きがあるフィナステリド系の成分が配合されているものを購入しないようにするという点です。このようなホルモンに対しての働きがある育毛成分を体内に取り入れることによって副作用のリスクが高くなってしまって体に大きな影響を与えてしまうことに繋がる可能性もあるので十分に注意する必要があります。

 

また、ミノキシジルのように血液の流れを改善することができる育毛剤については女性が服用しても起こる副作用のリスクについては男性とほとんど変わりませんが、男性向けだと用量が女性と異なるという点に注意しなければなりません。いずれにしても育毛剤の使用を考えている場合は自分の頭髪の状態などにあわせてきちんと摂取することが大切で、体に対しての負担をできるだけ軽減させるということも意識として持っておきたいものです。