AGA専門医が勧めるM字ハゲの治療のための薬として注目されているフィナステリド錠をここで紹介します。
額の両サイドから薄毛になってしまうM字はげの治療薬として注目されているのが「フィナステリド錠」です。
M字はげは「AGA(男性型脱毛症)」の一つで、AGA専門医が勧める治療薬がフィナステリド錠になります。

AGAになってしまうのは、テストステロンという男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって、脱毛の原因になる「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されてしまうからです。フィナステリド錠がM字はげの治療薬として有名なのは、5αリダクターゼを抑制してくれるからです。

 

5αリダクターゼを抑制出来れば、男性ホルモンがDHTに変換される事はないので、M字はげを治療出来るのです。
ただし、このフィナステリド錠は副作用があり、妊娠している女性が使用したら生まれてくる子供に障害が出る可能性があります。
M字はげは男性だけでなく女性でも発症する可能性があるので、薄毛に悩んでいる女性は、妊娠している時は気を付けて下さい。

 

m字はげ 治療